【海外旅行】初めて韓国旅行に行っても困らない入国審査書類の書き方から手続きの流れまで

入国カード_韓国_旅行_入国審査_入国_書類


スポンサーリンク


こんにちは、チョコ(@chocomoti)です♪

今回は初めての韓国旅行でも飛行機でも困らない入国審査書類の書き方について書きたいと思います。

韓国に入国する際に主に必要な書類は2つ。

 

  • 旅行者携帯品申告書記入例
  • 入国カード

この2つの書き方について紹介したいと思います♪

 

入国審査手続きの流れ

飛行機を降りたら、案内表示に従って入国審査へ進みます。

仁川空港を利用した場合はシャトルトレインに乗って移動する場合もあるので注意が必要です!

大体の入国手続きはこんな感じです。

事前に機内で必要書類を貰って記入

入国審査

受託手荷物の受け取り

税関申告

流れとしてはこんな感じです。韓国語がわからなくても案内表示にも日本語があったり困ることは何もないです。

大体の流れを抑えておくだけでもスムーズに手続きできると思いますよ!

 

入国カード&旅行者携帯品申告書の記入方法

飛行機に乗るとCAさんが必要な書類を配ってくれるので必ず受け取って記入しておきましょう。

この書類を降りて書くと入国審査の時に結構な時間足止めされちゃいますからね。。。

 

もし寝ててもテーブルの隙間などに挟んでいてくれる場合もあるので心配する必要もないですよ♪
もちろん降りてから書類を書く場所があってそこにそれぞれの言語のカードがあるので時間はかかりますがそこで書いてください。

 

入国カードの記入例

パスポート番号やフライト番号、滞在先の情報が必要になるので、必要なものは事前に手元に持っておきましょう。

ここで忘れてはいけないのがボールペン!結構上の棚に入れちゃう人多いんですよね・・・

書き方はこんな感じ。

入国カード_韓国_旅行_入国審査_入国_書類
  1. 漢字のフルネーム
  2. 性別(チェックする)
  3. 国籍
  4. 生年月日
  5. パスポート番号
  6. 日本での現住所
  7. 職業
  8. 滞在先の住所もしくはホテル名
  9. 滞在先の電話番号もしくはホテルの電話番号
  10. 渡航目的にチェック印
  11. 韓国入国時の便名
  12. 韓国に向けて出発した都市
  13. パスポートと同記の署名

スポンサーリンク

旅行者携帯品申告書記入例

こちらは家族あたり1枚必ず書いてください。

家族単位なので友達と旅行の場合などは個別で書いてくださいね。

書き方はこんな感じ。

入国カード_韓国_旅行_入国審査_入国_書類
  1. フルネーム
  2. 生年月日
  3. パスポート番号
  4. 職業
  5. 韓国での滞在日数
  6. 渡航目的にチェック
  7. 韓国入国時の便名
  8. 同伴している家族の人数
  9. 韓国入国前に立ち寄った国(直行便の場合は未記入)
  10. 滞在先の住所もしくはホテル名
  11. 滞在先の電話番号
  12. 質問に対する該当欄にチェック
  13. パスポートと同記の署名

 

もし申告するものがない場合でもきちんと「無」にチェックをつけて提出しましょう。何も申告するものがなければ提出するだけでそのまま通過しちゃいます。

よっぽど怪しまれない限りは手荷物検査なんてないので心配ありませんよw

もし免税範囲を超えるものを持ち込む場合は、課税カウンターがあるのでそこで申告して、必要な手続きをとる必要があるので忘れないようにしてください。

【携帯品の無条件免税許容範囲】

  • 海外で購入した物品(免税品を含む):400USドル以内
  • 酒類:1本(1リットル以下、400USドル以下のもの)
  • 巻きタバコ:200本(1カートン)/葉巻:50本/その他タバコ:250g
  • 香水:2オンス(約56ml)
  • 政府、地方自治団体、国際機構に寄贈または通商的土産品目として税関長が妥当すると認定した品目
    ※19歳未満は酒類、タバコを除く

 

入国審査

案内表示に従って列に並んで入国カードとパスポートを準備しておきましょう。

僕は初めて行った時に何も知らずに韓国人カウンターの方に並んでしまったので気をつけてくださいw

並んでいたらわかるとは思いますが、入国審査は友達でも家族で来ていても基本的に1人ずつです。あとする人はいないと思いますがここでの写真撮影は禁止なので注意してくださいね。

 

順番が来たらパスポートと入国カードを一緒に渡して置いてある機械から日本語で音声が流れるので両手の人差し指の指紋認証するだけです。この時顔写真もいつの間にか取られてます。

ここで入国カードに不備や誤りがあれば質問されることがありますが簡単な英語で答えられるので気にしないで大丈夫です。聞かれないためにもきちんと機内で書いておきましょう。

 

受託手荷物の受け取り

預けた荷物がある方のみここで受け取りになります。

入国審査が終わって進むとモニターに自分が乗った便名とレーンの番号もしくはアルファベットが書かれているので確認しましょう。

僕は初めて行った時に入国審査にめっちゃ時間かかって焦ってモニターも確認せずかなり探しましたw

そしたら自分のキャリーバックだけポツンと見事に放置されてましたねw

初めての方は特に慣れていないと思うので気をつけてくださいね。荷物の取り間違いにも気をつけましょう。

スポンサーリンク

税関申告

手荷物を取ったらいよいよ税関申告です。

と言ってもゲートの出口の前に職員の方がいるので、事前に書いた旅行者携帯品申告書を渡すだけです。

特に申告することがなければ本当に紙を渡すだけなので初めての方はこれだけでいいの?って思うかもしれませんねw

出口を通り抜けたら到着ロビーです♪

 

まとめ

はい!ということで韓国の入国はこんな感じになります♪

出国の場合は入国カードは書かずに旅行者携帯品申告書だけでいいので気にしないでくださいね。

あまり難しいこともないけど1つ注意するとすれば入国書類をスマホで調べて見ながら書こうなんて考える人がいますけど飛行機内では通信ができないのでそこだけ注意ですね。

事前にスクショしておくか別の紙に書いておきましょう!!

 

しっかりと準備して思う存分韓国旅行を楽しみましょう⭐︎




スポンサーリンク




スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です